MYCOM2008

 

更新情報
              
  • MYCOM2008の活動報告のページを掲載しました.是非MYCOMの雰囲気を味わっていただければと思います(2008/06/23)
  • MYCOM2008の活動報告セッションを人工知能学会全国大会3日目(金)午後に開催します(2008/06/10)
  • 今回のMYCOMは盛況のうちに終了しました.ご支援ありがとうございました.(2008/06/10)
  • BP賞・BD賞受賞者を掲載しました(2008/06/10)
  • オンライン資料集を掲載しました(2008/05/27)          
  • タイムテーブル・プログラムを更新しました.(2008/05/26)
  • タイムテーブル・プログラム(仮)を掲載しました.(2008/05/14)
  • 聴講参加申し込みを締め切りました.ありがとうございました.(2008/05/01)
  • 最終原稿の形式サンプルのワードファイルを掲載しました.(2008/04/25)
  • 発表申し込みを締め切りました.多数の申し込みありがとうございました!(2008/04/22)
  • 発表申し込みをいただいた方には受理通知をお送りしています.申し込んでも通知の来ない方はお手数ですが再度ご連絡下さい(2008/04/19).
  • 発表申し込み締切を一週間延長しました(2008/04/15).
  • MYCOM2008のページを開設しました(2008/02/01).
開催趣旨
 MYCOM は,AI関連諸分野の若手研究者の交流による分野発展を目指した合宿形式の研究集会です.若手ならではの大胆な研究発表,遠慮の無い討論が好評です.特 に,ナイトセッションやソーシャルイベントなど,参加者の交流・親睦と自己表現を目的とした様々な試みを積極的に採り入れております.
 今年は,AI学会全国大会(6/11-13,旭川)の前週,6月5日(木)〜6日(金)に,JR岐阜駅(東京駅から2時間半,大阪駅から1時間半)から車で15分の【長良川温泉】旅館:多賀<http://www.taga.to/>で開催いたします.
★今年のソーシャルイベントは,夕食を食べながら鵜飼見物の予定です.★
 ま た,MYCOMでは,参加者が自分の研究の「面白さ」を競い合い,互いに刺激を受け合う場を目指し,優れた発表者,活発な議論を巻き起こした参加者には 【優秀プレゼンテーション賞】【優秀ディスカッション賞】を贈呈します.全国の皆様から多数のご参加をお待ち致しております.
 招待講演とし て,研究者の“非常識”な研究を応援されているNPO法人KGC理事長柴田有三さんをお迎えし,『常識に洗脳された研究者の末路』について御講演頂きま す.柴田さんは,現在の常識を覆して未来の常識を創ろうとしている非常識な(特に若手)研究者を世界中から発掘して,その研究者の研究が常識に潰されない ように,世界中からサポーター(スポンサーや異分野の研究者)を紹介しています.お聞き逃しないよう,どうぞ奮って御参加ください.
http://www.npo-kgc.or.jp/
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/etic.cfm?i=20070509cp000cp

 また,研究室を主宰される指導者の方々におかれましても,是非ともMYCOMの趣旨を御理解頂き,周りの若手研究者や学生の参加を呼びかけて頂けますよう,お願い申し上げます.
招待講演
招待講演者:NPO法人KGC 理事長 柴田有三

演題:『常識に洗脳された研究者の末路』

概 要:本講演では、「常識に洗脳された研究者の末路」に関する幾つかの事例を提示する。その後、その構成要素である『「常識」、「洗脳」、「研究者」とは何 か?』について一般的な解釈や発表者の持論にもとづいて説明し、最後に『「研究」とは何か?』について、参加者とともに議論したい。
開催・募集要項
【開催】
主催:人工知能学会
共催:朝日大学経営学会
日時:2008年6月5日(木)〜6日(金)
会場:多賀旅館<http://www.taga.to/>
(〒502-0817 岐阜市長良福光2521)
【参加費】
宿泊費 8,000円(1日目昼/夕食,2日目朝/昼食を含む)
参加費 学生:2,000円,社会人・他:4,000円
今回は“朝日大学経営学会”との共催のため,お安くなっております.

【日程】
発表申込締切:4月21日(月)★延長(概要1ページを提出:様式自由)
採択通知   :4月28日(月)★延長
参加申込締切:4月28日(月)
最終原稿提出:5月22日(木)(カメラレディ原稿2〜4ページ:指定様式)
予稿集公開  :5月26日(月)<http://mycom.alife.cs.is.nagoya-u.ac.jp/2008/>
開催      :6月 5日(木)-6日(金),CD-ROM予稿集(ISBN付き)配布

【招待講演】
招待講演者:NPO法人KGC 理事長 柴田有三
演題:『常識に洗脳された研究者の末路』

【発表資格・参加資格】
・研究の面白さを伝えたい方,若手研究者に伝えたい事のある方.
・自分は“若手”だと思う方であれば,年齢制限もありませんし,
 学生/社会人を問いません(無所属でも構いません)
・人工知能学会の会員/非会員を問いませんが,入会をお勧めします.

【発表時間】
1件20分程度:10分発表,10分程度議論
(ただし,プログラム編成上多少変更になる場合があります.)

【発表テーマ】
・広い意味でAIに関連するものであれば,テーマに制約はありません.
工学に限らず,自然科学・社会科学・人文科学・デザインなど,多くの分野
からの参加を歓迎いたします.
・問題意識と目標を,領域外の研究者にも分かりやすく説明し,その研究の
「面白さ」を遠慮なくアピールしてください.
・MYCOMでは,通常の各種研究会とは異なり,完結した研究成果の報告発表
よりも,未来の研究構想やポジションペーパーなど,若手ならではの大胆な
発表を大いに歓迎致します.

【申込方法】
発表参加希望者は,(1)題目,(2)筆者氏名(登壇者に*印),(3)所属機関名
・所在地,(4)学生/社会人・他の別,(5)連絡先E-mailアドレスも記載した
A4版1ページの「発表概要(様式自由,PDF形式,1MB以内)」を
<mycom2008_app@yahoogroups.jp>宛にお送りください.
(発表は1人1件まででお願いします.)
御自身の研究の「面白さ」を思う存分にアピールしてください.
※発表申し込みをいただいた方には受理通知をお送りしています.申し込んでも通知の来ない方はお手数ですが再度ご連絡下さい.
※最終原稿の形式サンプルのワードファイル

一般参加希望者(MYCOMでは発表を行わない)は,
(1)参加者氏名,(2)所属機関名・所在地,(3)学生/社会人・他の別,(4)連
絡先E-mailアドレスを記載したメールを<mycom2008_app@yahoogroups.jp>
にお送りください.

【採択通知】
発表内容を実行委員会で審査した上で,結果およびコメントを実行委員長
より4月28日頃に通知いたします.

【問合せ先】
中山功一(NICT/ATR,MYCOM2008実行委員長)
Email: <knakayama@atr.jp>

【最新情報】
<http://mycom.alife.cs.is.nagoya-u.ac.jp/2008/>を御覧ください.

タイムテーブル
<初日>
10:50 送迎バス(岐阜駅⇒多賀)
11:30 集合・オープニング
11:50 昼食
12:30 休憩
12:40 セッション1:学習・発想支援(4件)
14:00 休憩
14:10 セッション2:表現活動・創発(4件)
15:30 休憩
15:40 招待講演
16:40 休憩・移動
17:00 夕食(旅館内)
19:10 移動
19:30 鵜飼見物
20:40 移動・風呂
22:00 ナイトセッション
23:30 フリーディスカッション

<二日目>
08:00 朝食
09:00 セッション3:エージェント(4件)
10:20 休憩
10:30 セッション4:進化的手法(5件)
12:10 休憩・移動
12:20 昼食
13:00 休憩・移動
13:10 セッション5:コミュニケーションと集合知(5件)
14:50 ナイトセッション総括/クロージング
16:30 解散

プログラム(オンライン資料集)
<招待講演>
 招待講演者:NPO法人KGC 理事長 柴田有三
 演題:『常識に洗脳された研究者の末路

<セッション1:学習・発想支援(4件)座長:
佐藤竜也(後見人:鈴木麗璽)>

 1-1)山口広樹・西原陽子・大澤幸生
        ”あほ学のすすめ”
 1-2)飯尾尊優・TANEV Ivan・下原 勝憲
”情報という視点から生命の本質へ”
 1-3)亀田尭宙・大向一輝・武田英明・岩田修一
”オープンデータベースのためのコンテンツ流通メタ
データベース構築”

 1-4)郷原浩之 ”計算機のみを用いたチャンス発見”

<セッション2:表現活動・創発(4件)座長:山口広樹(後見人:沼晃介)>
 2-1)久保田秀和 ”PositLogを用いた空間のコンテンツデザイン”
 2-2)吉本英樹 ”UAV Computingの提案 -空をフィールドとした表現
の活性をめざして-”

 2-3)鈴木大輔 ”デザインというつながり”
 2-4)岩瀬雄祐・鈴木麗璽・有田隆也
”人間とのインタラクションによって自己組織化する
セルオートマトン”


<セッション3:エージェント(4件)座長:伊藤冬子(後見人:西原陽子)>

 3-1)千田哲明・TANEV Ivan・下原勝憲
”信号機を用いない自律分散型交通制御の可能性”
 3-2)大田直樹・Vincent Conitzer・佐藤恭史・岩崎敦・横尾真
”インターネット環境における協力ゲームのルールづくり”
 3-3)蓑谷顕一・畝見達夫
”プランニングの起源について”
 3-4)谷崎将司・都竹純一・松井博和
”自律ロボットのための自我モデルに基づくエージェ
ント相互学習”


<セッション4:進化的手法(5件)座長:
飯尾尊優(後見人:植村渉)>

 4-1)中山功一・井ノ上直己
”超臨場感コミュニケーションのための多感覚情報通信と
その最適化 〜量より質の通信経路最適化に向けて〜”

 4-2)菅原潤一・谷内江望・関山和秀・大橋由明・冨田勝
”長期情報記憶媒体としてのゲノムDNA”
 4-3)佐藤竜也・有田隆也
”解の絶対的評価が可能な問題に対する競合型共進化アル
ゴリズムの適用”

 4-4)鈴木麗璽・三輪真生・有田隆也
”歩いて創る音楽−立体音響を活用した音の適応度地形上
の歩行に基づく対話型進化計算−”

 4-5)伊藤冬子・廣安知之・三木光範・横内久猛
”嗜好のダイナミクスを考慮した商品推薦”

<セッション5:コミュニケーションと集合知(5件)
       座長:郷原浩之(後見人:久保田秀和)>

 5-1)西原陽子 ”会話のパフォーマンス評価によるアイデア創発の支援”
 5-2)中田篤志・來嶋宏幸・角康之・西田豊明
”階層的解釈によるインタラクションコーパス構築”
 5-3)金野武司・橋本敬
”視覚的コミュニケーション行動における意図的主体性形
成の構成論的研究”

 5-4)鈴木聡  ”集合知の素朴理論を超えて”
 5-5)沼晃介  ”情報は人のためならず:共有知の動的な再構成による個人
のための知的活動支援環境を目指して”
表彰(優秀プレゼンテーション賞・優秀ディスカッション賞)
<優秀プレゼンテーション賞>
目的  :MYCOMでの発表に関し,研究の面白さを伝えた
     発表者を表彰し,その発表に報いることを目的とする.
対象  :MYCOMでの発表者(論文著者ではない)
選考方法:MYCOM参加者からの無記名推薦(投票)を参考に,
     MYCOM実行委員会(委員長1名,副委員長1名,
     委員総数は7〜8名を目途)が選定し,実行委員長が贈呈する.
審査基準:若手ならではの大胆な研究発表であり,研究の「面白さ」を
     伝える表現力と,参加者に興味をもたれた内容等を考慮する
     ものとする.
表彰  :原則として,MYCOM終了後に賞状および副賞
    (10,000円分の図書カード)を贈呈する.

受賞者: 吉本英樹 東京大学大学院工学系研究科
      ”UAV Computingの提案 -空をフィールドとした表現の活性をめざして-”

<優秀ディスカッション賞>
目的  :発表のみならず議論も大切にする研究会として,
     MYCOMでの質疑応答やその後の議論などで活発に発言し,
     会場を盛り上げた参加者(発表者を含む)を表彰し,
     その行為に報いることを目的とする.
対象  :MYCOMの参加者
選考方法:MYCOM実行委員会(委員長1名,副委員長1名,
     委員総数は7〜8名を目途)が選定し,実行委員長が贈呈する.
審査基準:研究発表に対し,大胆な提案や新しい視点での意見など,
     研究の「面白さ」を広げる発展的/建設的な発言等を考慮する.
     評価が同等の場合は,学生やより若い方を優先するものとする.
表彰  :原則として,MYCOM終了後に賞状および副賞
    (5,000円分の図書カード)を贈呈する.

受賞者: 飯尾 尊優 同志社大学大学院工学研究科
      ”情報という視点から生命の本質へ”
これまでのMYCOM
  • 第8回AI若手の集いMYCOM2007 オンライン資料集
    第8回MYCOM優秀プレゼンテーション賞 受賞者:西原陽子
    「文章の光と影:可読性向上のための文章作成支援」
    ○西原陽子 大阪大学大学院基礎工学研究科/日本学術振興会
  • 第7回AI若手の集いMYCOM2006 オンライン資料集
    第7回MYCOM優秀プレゼンテーション賞 受賞者:久保田 秀和
    「レイアウト・ベースド・コンピューティングへ向けて」
    ○久保田 秀和 学振PD/京都大学大学院情報学研究科
    配置デザイン型ブログシステムPositLog
  • 第6回AI若手の集いMYCOM2005 オンライン資料集
    第6回MYCOM優秀プレゼンテーション賞 受賞者:中山 功一
    「概念獲得システムの構成法」
    ○中山 功一 ATR ネットワーク情報学研究所
  • 第5回AI若手の集いMYCOM2004 オンライン資料集
    第5回MYCOM優秀プレゼンテーション賞 受賞者:コバチ・アレクサンダー
    「気力を求めて-認知系のシミュレーションの薦め」
    ○コバチ・アレクサンダー(総合研究大学院大学 複合科学研究科)
  • 第4回AI若手の集いMYCOM2003 オンライン資料集
    第4回MYCOM優秀プレゼンテーション賞 受賞者:井上 寛康
    「AIと笑い - 笑いのコンテンツに含まれる構造の解析へ-」
    ○井上 寛康(1,2),湯田 聴夫(1,2),高玉 圭樹(2,3),下原勝憲(1,2),片井修(1)
    (1. 京都大学 情報学研究科,2. ATR人間情報科学研究所, 3.東京工業大学大学院総合理工学系研究科)
  • 第3回AI若手の集い MYCOM2002 オンライン資料集
    第3回MYCOM優秀プレゼンテーション賞 受賞者:松村 真宏
    「『2ちゃんねる』はなぜ盛り上がるのか?」
    ○松村 真宏(1,2),中村洋(1),大澤幸生(1,3),石塚満(2)
    (1: PRESTO, 2:東京大学,3:筑波大学)
  • 第2回AI若手の集い MYCOM2001 オンライン資料集
    第2回MYCOM優秀プレゼンテーション賞 受賞者:松村 真宏
    「語の活性度に基づくキーワード抽出法」
    ○松村 真宏(東京大学)
  • 第1回AI若手の集い MYCOM2000 オンライン資料集
    第1回MYCOM優秀プレゼンテーション賞 受賞者:鈴木 麗璽
    「動的環境における進化と学習の相互作用〜Baldwin効果の工学的応用に向けて」
    ○鈴木 麗璽(名古屋大学大学院人間情報学研究科)